AGEST(エイジスト) 口コミ

MENU

AGEST(エイジスト)を実際に試してみました

 

AGEST(エイジスト)

 

40歳を過ぎてから、お肌のたるみやシワ、くすみがドッと目立つようになった気が…。

 

更年期の影響でしょうか、何とかしなきゃと思いつつ、何もやる気が起きないのが現状です。

 

そんな時、「あなたの未来はあなたが変える」という言葉に惹かれて、購入したのが「AGEST(エイジスト)」というプラセンタサプリ。

 

プラセンタに加えて、低分子コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどが含まれている点に魅力を感じて、AGEST(エイジスト)を購入してみました。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)はメタリックな赤い箱で、ゴージャスな雰囲気。

 

なんだか他のサプリには無い高級感があり、飲むたびに美しくなれそう。

 

パッと見た感じには、サプリと言うよりも高級チョコレートのような見た目です。

 

パウチに入ったサプリに比べると、保管の際にかさばってしまうのがやや難点でしょうか。

 

しかし、高級感のあるデザインのパッケージは、手にするたびに、優雅なセレブ気分になれます。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)にはプラセンタ以外にも、コンドロイチン、ヒアルロン酸、デルマタン硫酸、亜鉛酵母など様々な美容成分が配合されています。

 

プラセンタは希少なキルギスサラブレッドの馬プラセンタを使用しているそう。

 

また、注目なのはデルマタン硫酸が配合されていること。

 

デルマタン硫酸というと、何やら化学物質的な響きがありますが、本来、人間の体内に存在する成分。

 

ヒアルロン酸やコンドロイチンなどと同様に肌水分を保持し、肌密度を高める役割を持っているんですって。

 

また、デルマタン硫酸は肌細胞の生成を促進したり、シミなどの色素沈着を防ぐ働きもあるのだとか。

 

ぷるんと弾力のある若々しいお肌には欠かせない成分と言えそうです。

 

ところが、このデルマタン硫酸は年齢と共に減少してしまうのだそう。

 

デルマタン硫酸を補う際には、ヒアルロン酸、コンドロイチンと一緒に摂取するのが良いんですって。

 

お肌のたるみやシワ、くすみが気になる私にとって、デルマタン硫酸は見逃せない成分ですね。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)は1日分ずつ、アルミの個包装に入っています。

 

これなら、1日に複数粒飲む場合でも「あれ?今日何粒飲んだっけ?」と分からなくなる心配もありません。

 

ただ、1日数回に分けて飲む場合にはちょっと、不便でしょうか。

 

私は、細かいことが苦手で、サプリなどは数回に分けてチマチマと飲むよりも1日分を1回でまとめて飲むタイプ。

 

なので、1回分ずつ個包装になっている方がありがたいですね。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)は個包装のふりかけぐらいの大きさのパウチに入っています。

 

コンパクトなので、化粧ポーチの中に入れて携帯していても邪魔になることは無さそうです。

 

旅行や出張の時など、わざわざサプリケースに詰め替えなくても、必要分だけ持っていけるので便利ですね。

 

「AGEST」とロゴが入っているものの、パッと見てプラセンタサプリだと分かる文言はありません。

 

私が個人的に、プラセンタが良いなと思っているのは、更年期と美容の悩みの両方にアプローチしてくれること。

 

更年期の様々な不定愁訴の原因は、女性ホルモンの減少だと言われています。

 

プラセンタには女性ホルモンの一種であるエストロゲンのバランスを整える働きがあるのだとか。

 

更年期障害の治療にもプラセンタ注射が使用されているそうですから、かなり信憑性が感じられます。

 

さらに、プラセンタには活性酸素を除去する働きがあり、メラニン色素の増加やコラーゲンの破壊からお肌を守ってくれるんですって。

 

40歳を過ぎて、じわじわと更年期の訪れを感じている私には、プラセンタはなんともありがたい成分です。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)の1日の摂取目安量は4粒。

 

ベージュのやや厚みのある錠剤です。

 

大きさは市販の頭痛薬などと同じくらい。

 

ただ、一度に4粒飲むとなるとちょっとつらいかもしれません。

 

プラセンタドリンクなどは独特の臭さがあり私はちょっと苦手。

 

しかし、AGEST(エイジスト)は無臭では無いものの、不快感を感じるような臭いはありません。

 

飲むタイミングに関しては、特にいつ飲めば良いという決まりは無いようです。

 

しかし、ネットなどで調べてみると、プラセンタは空腹時に飲むのが良いとのこと。

 

また、お肌が作られる就寝前がベストなのだとか。

 

そこで、私も夜、寝る前にAGEST(エイジスト)を4粒まとめて飲むことにしました。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)を飲んでまずビックリしたのは、お肌の変化。

 

朝起きると、カサカサと突っ張っていたお肌が、ふっくらと柔らかいんです。

 

こんなにもちもちしたお肌は何年振りだろう?といつまでも触っていたい気分でした。

 

やはりプラセンタだけでなく、コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどがバランス良く配合されているのが大きいのかもしれません。

 

お化粧のノリもスーッとなめらかで、いつもよりお肌も明るくキレイに見えるのも嬉しい。

 

プラセンタでホルモンバランスの乱れを整えるには、やはり女性の周期に合わせて2カ月、3カ月と継続する必要があるみたい。

 

だけど、現金なもので、お肌の調子が良いとそれだけで、外に出て人に会うのもおっくうじゃなくなるんですね。

 

「最近、お疲れ気味だったみたいだけど、元気になってよかったわ。」と友人にも言われました。

 

エイジングの悩みをまるっと解決してくれるAGEST(エイジスト)はもう手離せそうにありません。

 

 

AGEST(エイジスト)

 

AGEST(エイジスト)を試してみる【ネット通販限定特典あり】