華美幸年(はなびこうねん) 口コミ

MENU

華美幸年(はなびこうねん)を実際に試してみました

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

些細なことでイライラすることが多く、ドカ食いして気分が悪くなることもしばしば……。

 

と思えば、全くやる気がでないこともあり、仕事に行っても数時間ぼーっとしてしまいます。

 

40代前半なので、もしかしてプレ更年期なのかも……、と不安になりました。

 

ドラッグストアで更年期対策の薬を探してみましたが、飲む回数や量が多く続けられる自信がありません。

 

もっと手軽に続けられる商品は無いものかとネットで探して見つけたのがドクターリセラの更年期サプリ「華美幸年(はなびこうねん)」。

 

初回限定のモニターキャンペーン価格1,980円というお値段と、1日2錠の続けやすさに惹かれて、華美幸年を試してみることにしました。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

華美幸年は継続2回以上が条件なので、3袋分はしっかり飲んで華美幸年の効果を実感したいです。

 

届いた華美幸年の袋は、明るく元気なシャイニングピンク。

 

袋の厚さはスリムですが、袋のサイズはスマホと比べるとかなり大きめです。

 

旅行などに携帯する際には、サプリケースなどに移し替えた方が便利かもしれません。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

更年期障害を引き起こす原因の一つとして、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によるホルモンバランスが乱れが考えられるんだとか。

 

ホルモンバランスが崩れると気持ちが不安定になってイライラしたり、やる気がでないなどの症状につながるんだそう。

 

女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをすると言われている大豆イソフラボン。

 

華美幸年には、体への吸収率が良い形に変化したアグリコン型イソフラボン30mgが入っています。

 

食品安全委員会が定める「サプリメントでイソフラボンを補う場合の一日の上限値」がアグリコン型イソフラボン30mgなんですって。

 

さらにコラーゲンを作り出す働きをサポートする月桃葉エキスなどが華美幸年に入っているので、健やかで潤いのある肌に導いてくれるとのこと。

 

お肌の乾燥が気になりだした私には一石二鳥です。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

華美幸年を開けると、茶色のソフトカプセルが入っています。

 

袋の中の匂いを嗅ぐと、黒蜜に似たような少し独特な香りがします。

 

華美幸年は香料無添加なので、原料由来の匂いなのかしら。

 

鼻にツンとするほどのきつい匂いではないし、華美幸年1粒ならそれほど匂いは気になりません。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

華美幸年の飲む量は、1日2粒が目安。

 

1日10粒以上も服用するのは大変なので、1日2粒飲めばいい華美幸年なら毎日無理なく続けられそう。

 

華美幸年のソフトカプセルは、約1cmほどの大きさ。

 

カプセルの表面はつるんとしていて、縦長で飲みやすそうな形をしています。

 

サプリメントを飲みなれていない私でも、水と一緒にごくんと飲めそうです。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

華美幸年は、飲むタイミングが決まっていないようです。

 

でもせっかくなら華美幸年を効果的に飲みたいと思い、イソフラボンのサプリメントについて調べてみると、朝と夜など2回に分けて摂るのがおすすめとのこと。

 

私は飲み忘れがないように朝食後と夕食後の1日2回、1粒ずつ飲もうと思います。

 

少し匂いが気になる華美幸年ですが、口に入れてみると全く味がありません。

 

風味が溶けだすこともなくて、口の中でも無味無臭。

 

匂いの第一印象とは違って、飲みやすいソフトカプセルで良かったです。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

ここ半年位、イライラが激しい日と逆にやる気が出ない日が続いて、家族もあきれていたと思います。

 

私も気持ちが不安定な状態が家族に理解してもらえなくて辛かったです。

 

華美幸年を飲み始めて1ヵ月。

 

すぐに効果がでるとは思っていなかったのですが、心なしか気持ちが安定しているような気がします。

 

気分にムラがなくなって、気持ちが前向きになってきました。

 

最近は肌の調子もよくなってみたいで、化粧ノリが良くなったのがちょっと嬉しいかも。

 

華美幸年が私には合っていたようなので、これからはプレ更年期に悩まされない元気な40代を過ごしたいと思います。

 

 

華美幸年(はなびこうねん)

 

華美幸年(はなびこうねん)を試してみる【ネット通販限定特典あり】