高麗人参サプリ口コミ

MENU

高麗のめぐみを実際に試してみました

 

高麗のめぐみ

 

40代後半になり、最近の私の悩みは疲れやすいこと。

 

寝ても疲れが取れないから、寝起きもしんどいくてなかなかベッドから出られません。

 

今までと同じ生活をしているはずなのに。

 

疲れが取れにくいのが気になって調べてみると、「更年期障害」かもしれない、という気がしてきました。

 

そこで、女性なら誰にでも来る更年期障害と上手く付き合うためにサプリメントの力を借りることに。

 

私が選んだのは「高麗のめぐみ」というサプリメント。

 

 

高麗のめぐみ

 

更年期障害のサプリって、どれを選んだらいいのかわからないくらいたくさんあります。

 

高麗のめぐみを選んだ理由は高麗人参とプロポリスが入っているから。

 

高麗人参は古くから不老長寿の漢方薬として滋養強壮、疲労回復、美容など効能がたくさん。

 

だけど高麗人参ってとっても苦くて土臭くてそのままでは食べれないほどクセがあるんです。

 

また高麗人参は高級食材だから一般人にはなかなか手に入りにくいのが難点。

 

サプリメントだと手軽に毎日の生活の中に摂り入れられるから便利ですよね。

 

プロポリスは高麗人参より比較的手に入れやすいけど、高価なもの。

 

プロポリスは天然の抗生物質と呼ばれるほどで、主に滋養強壮、疲労回復など、女性には嬉しい美容にも効果があります。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみのパッケージを開けてみると、中身はそんなにたくさんの量は入っていません。

 

以前韓国の料亭で高麗人参のはちみつ漬けを食べたのですが、はちみつは甘いはずなのに、その甘さを消すくらいとっても独特な味。

 

苦いし土臭くて申し訳ないけど残してしまいました。

 

高麗人参の多くは6年根といって、6年間土の中で土壌の栄養分をすべて吸収します。

 

高麗人参を収穫した場所ではしばらく作物が育たないと言われるほど。

 

香りも高麗人参の独特な香りがするのかと思っていたけど、加工されてるからそんなに気になりません。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗人参のサプリメントはたくさんあるけど高麗のめぐみには2種類の高麗人参が含まれています。

 

2種類のうちのひとつ、紅参は収穫した高麗人参を丸ごと蒸して乾燥させたもの。

 

そして紅参よりも手間のかかった黒参は、栄養価を高めるために50日間秘伝の方法で熟成させて真っ黒に。

 

この黒参は朝鮮王朝時代から王室の秘伝として伝えられてきた複雑な工程で、王族のみが飲用するものだったそうです。

 

すごいパワーがありそう。

 

プロポリスは天然の抗生物質として有名ですよね。

 

わが家でも風邪をひいたときには、プロポリスでうがいをしたりのど飴をポイっと口に放り込みます。

 

高麗のめぐみの1粒は大きくないので錠剤が苦手な私でも、スルッと飲めるほどのサイズ。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみの摂取目安は1日2~4粒。

 

私はキッチリと飲みたいのでアバウトな数字は少し苦手。

 

だけど初めてのサプリメントだから量を調節して飲んでみようかなと思いました。

 

飲むタイミングは毎朝の朝食前。

 

寝る前でもいいのですが、歳を取ると寝るのにもエネルギーを使うと聞いたので、朝飲むことに。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみを1ヶ月飲んでみた感想は、ゆっくりだけど身体が元気になっていったように思います。

 

最初の1週間は特に変化もなく過ぎていきました。

 

2週間目あたりから、朝の目覚めが目覚ましとともにスッキリと起きられるようになってきたんです。

 

今まではなかなかベッドから出られないから、朝からバタバタしてしまって余計に疲れてしまうという悪循環を繰り返していました。

 

朝から疲れてしまうと1日のリズムが崩れていたけど、朝の目覚めが良いことでこんなにも気持ちよいスタートが切れるのは嬉しいこと。

 

毎日のお弁当にも昔のように時間をかけることが出来るから子どもたちがとっても喜んでくれます。

 

自分の元気の源として高麗のめぐみを飲み続けたいと思います。

 

 

高麗のめぐみ

 

高麗のめぐみを試してみる【ネット通販限定特典あり】