白井田七 口コミ

MENU

白井田七を実際に試してみました

 

白井田七

 

40代も後半に差し掛かり、自分の頭の上に雲があるようにどんよりとした感じで悩んでいました。

 

子育てもひと段落したから、自分の時間を楽しみたいのに、そこに辿りつくまでのパワーが残っていません。

 

したいことがたくさんあるのに体がついて行かないのは、歳を感じるとともにとても悲しくて。

 

そんな悩みを仲の良いママ友に相談すると「高麗人参を摂ると元気が出るみたいよ」と教えてもらいました。

 

ママ友は高麗人参サプリを飲んでいるようで、毎日とっても元気でハツラツと日々を過ごしています。

 

私も彼女のように毎日を元気で過ごしたいという思いで、同じ人参系サプリの「白井田七」を注文しました。

 

 

白井田七

 

白井田七に配合されているのは高麗人参ではなく田七人参。

 

効果や効能はほぼ同じですが、田七人参の方がとってもパワフルなんだとか。

 

高麗人参に含まれるサポニンという成分には体を温めたり、抗酸化作用や抗炎症作用などがあると言われています。

 

田七人参にはサポニンの含有量が高麗人参の7倍も含まれているんですって。

 

白井田七はハガキサイズのアルミパウチに入っています。

 

チャック付きのコンパクトなパウチなので、持ち運びにも便利なのは嬉しいですね。

 

以前韓国料理のお店で高麗人参を食べる機会があったのですが、あまりの土臭さに私は食べることができませんでした。

 

白井田七も高麗人参系サプリだから気になって香りを確認すると、人参の香りが。

 

しかもとても濃い人参の香りがしました。

 

しかし、気になる土臭さはなかったので、飲むときの苦労はそんなになさそう。

 

 

白井田七

 

今はたくさんの高麗人参系サプリが出ています。

 

私が白井田七を選んだのは、完全無農薬の有機栽培にこだわっているから。

 

高麗人参や田七人参は普通の人参と違って収穫までにかなりの年月を要します。

 

だから土壌がしっかりとしていないと高麗人参は立派に育つことができないんだそうです。

 

そしてもう一つの理由は、原材料。

 

白井田七には有機田七人参と有機玄米しか使われていないんです。

 

まさに田七人参だけで勝負しようという姿勢が伝わってきますね。

 

 

白井田七

 

 

白井田七のサプリは、市販薬でもあるようなザラザラとしたコーティングされていない錠剤。

 

1粒だけでも、濃い人参の香りが。

 

口に含んだときに高麗人参のような苦さと、土臭さがあるとちょっとキビシイなと思っていました。

 

しかし、白井田七はどちらかというと人参の香りなので大丈夫みたい。

 

 

白井田七

 

白井田七の摂取目安量は1日4~8粒。

 

1日にいきなり8粒飲むのは、少ししんどそうです。

 

慣れるまでの最初の1週間は4粒くらいから試すのが良さそう。

 

 

白井田七

 

最初の1週間は4粒ずつ、2週間目には8粒。

 

一気に8粒飲むのはしんどいので、朝晩の2回で4錠ずつ飲むことに。

 

1週間目にはあまりコレといった劇的な変化は無かったかな……。

 

田七人参は漢方薬の生薬としても有名な成分。

 

一般的に、漢方薬は飲み続けることでじわじわと体質を改善してくれると言いますよね。

 

なので、私は白井田七をまずは一瓶、気長にじっくり飲み続けようと思いました。

 

2週間目の半ばくらいから、1日を通して気持ちが落ちることなく過ごせる日が多くなったように感じます。

 

3週目の終わりには、気分も安定してきて、倦怠感や気鬱さも減って以前よりも活動的に行動できるようになったかも。

 

また、私は更年期の影響かひどい冷え性に悩んでいたんです。

 

しかし、白井田七を一瓶飲み終わる頃に、ふと、夜すんなりと眠れていることに気付きました。

 

以前は、つま先がキーンと冷えていて、いつまでも寝付けなかったのに。

 

田七人参に豊富に含まれているサポニンには冷えを改善する作用があるそうなので、まんざら偶然というワケでも無いのかも。

 

これからもハリのある自分の時間を楽しみたいから白井田七続けたいと思います。

 

 

白井田七

 

白井田七を試してみる【ネット通販限定特典あり】